CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
イントゥ・ザ・ブルー [Blu-ray]
イントゥ・ザ・ブルー [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)

★★★★☆
古い映画だが、いい映画だ!
この映画を見るたびに、
カラダ鍛えよ!
って気持ちになる。
たるんだカラダに
自己啓発の意味でも
ポスター貼って、気持ちを
維持させねば!
ワタシ的に、この手の
ハッピーエンドは好き!
RECOMMEND
神々の山嶺〈上〉
神々の山嶺〈上〉 (JUGEMレビュー »)
夢枕 獏
★★★★★
夢枕獏
あなたは天才だ!面白い!
登山に興味ない人間も
ドンドンその世界に
引き込むチカラがある!
その頂から見える景色は
どんな景色なんだ!?
日本最大級のブログランキング
MOBILE
qrcode
白銀ジャック
0
    東野圭吾★★★★☆


    何気に買った本だが、面白い!
    途中から、もしかして、結末はこの人が犯人?
    と考えさせられるシーンもあるのだが、キレイにダマされる。
    気持ちいいダマされ方だ!

    ホント、良くできている、
    最後の最後で、全ての問題が解決?する、
    頭いいんだろうなぁ、この作者。

    しかし私自身、冬のスポーツをしないので、
    共感できないシーンが多いので、マイナス星ひとつ、

    いつも見に来てくれてありがとうございます。
    また、見に来て もらえるなら ポチッとお願いします!


    | 小説・本 | 10:50 | - | - |
    インシテミル
    0


      ★★★★☆
      久々に、小説2冊読んだ、
      一冊目は《ボトルネック》作者:米澤穂信
      これは読みやすかったが、あっという間に、もうラスト、
      知らぬ間にどんどん引き込まれてゆく??
      訳でもないが、とっても早く読めたが、最後の最後で、
      何これ???というラスト…、
      つまらん時間を過ごしたと思い。また違う本を読み直そうと、
      本屋で何気に買った本が、前者のつまらん小説と同じ作者!!
      こんなコトもあるんモンだ!
      その本は《インシテミル》作者:米澤穂信



      これは今年の10月の映画公開予定!これは期待出来るかも!?
      ある密室で、12人が生死をかけた7日間!武技は各々に違う武器が手渡される?
      この手の小説を読むとどうしても《バトルロワイヤル》を思い出す。
      あの小説は衝撃的だった!
      で、この話はと言うと…、これは面白かった!
      この本もあっという間に読めた本だ!
      米澤穂信ってもしかしてスゴイ作者なのか?
      密室で行われる殺人でも、色々あるモンだ、お互いがお互いを怪しみ、
      気の許せない日々が続く中、殺人が起こる。
      犯人は11人の中にいる!
      テンポ良い話の流れで楽しかったのだが、最後の最後で、
      犯人の動機がどうも不十分…、なぜこんな大金を…。
      理由を読み飛ばしてしまったのか????
      と言うコトで、星4つです(甘めに…)

      いつも見に来てくれてありがとうございます。
      また、見に来て もらえるなら ポチッとお願いします!


      | 小説・本 | 12:28 | - | - |
      人間失格
      0
        ★★★★☆太宰治
        最近映画も上映されて注目されている
        太宰治の《人間失格》
        興味があったので読んでみようと
        本を買おうかと思ったけど、
        iPhoneでアプリを捜したら、有りました!
        豊平文庫!



        スゴく読みやすいソフトだ、
        しかも30作品まで無料で使える。
        無料というのは、版権の切れた昔の作品が
        Web上にテキストでアップされており、
        そのDATAを使って、このソフトで読めるように
        変換出来るのが30作品まで無料というコトだ。
        30作品を超えると有料だが、
        有料でも115円と良心的な価格だ。



        で、読んでみた!
        面白かった。

        人間誰でも自分は素晴らしい才能持っていると信じている。
        信じてはいるがそれを表に出すか出さないかは、
        その人の持って生まれた性格だ、
        自分の考えているコトってヒトには読み取れない。
        今話している内容も心の中では反対のコトを思ってたりするモノだ。
        そんな冷めた考え方は誰でも一度は思ったコトがあるだろう。
        その考えのまま、青年に大人に成長するという、
        大人びた性格のようで、実は精神的に子供のような
        身勝手な男の話だ。
        しかし、共感というか理解できるトコロもある、
        …というコトで星4つ!面白かった!
        でも女性が読んでも面白いと思うのかなぁ?ちょっと疑問だ。

        アウトドアのブログに参加してます。

        | 小説・本 | 11:56 | - | - |
        さまよう刃
        0


          ★★★★☆
          東野圭吾

          最近忙しくて、今日、日曜日も出勤だ。
          …で、なかなか読めなかった本がようやく読めた。
          それがこの本だ。

          面白かった…がなんとも複雑な気持ちだ。
          女の子が居る親が読むとつい、我が子とダブり、
          辛い気持ちになるだろう。
          子を思う親なら、誰もがこの主人公の《長峰》の様な
          感情を持つのは当たり前だ。
          しかし、法律とは時には残酷なモノだ…

          確かに身の回りにも、考えが幼稚であったり、
          自分の自分のコトしか考えない人は居る。
          こんな人間がもしも、罪を犯したとして、罪を償ったとしても、
          性格が変わり、厚生するとは思えない。

          だったら人生において避けるしか道が無いのか??
          難しい問題だ…。

          もう映画になっているので、配役は本のイメージ通りだ。
          でも、織部役には藤竜也、和佳子役は竹内結子が良かったなぁ〜。



          この話の加害者のイメージがどうしても、この前捕まった
          《英会話講師殺人事件》の容疑者と重なる…。

          アウトドアのブログに参加してます。

          | 小説・本 | 09:29 | - | - |
          海の底
          0


            有川 浩 ★★☆☆☆
            日本のモンスターパニック小説だ。
            日本って感じのする小説だったなぁ、
            エンターテイメント性はあまり無い、
            映画にするにも、もう 一捻り(ひとひねり)必要な気がする…。
            内容は巨大な甲殻類が大軍で街を襲うという内容だ、
            始めの展開は早く面白いのだが、その後がグダグダな感じ。
            潜水艦の中に閉じ込められた人達のモンスターとの、
            手に汗握る死闘エピソードが欲しかった…。
            と言うコトで星2つ
            もし映像にするなら、主人公の夏木役に坂口憲二。
            のぞみ役に多部未華子、のぞみの弟役にこども店長の加藤清史郎
            と言う配役だ



            アウトドアのブログに参加してます。

            | 小説・本 | 12:07 | - | - |
            パコと魔法の絵本
            0


              ★★★★★
              関口尚

              実に映画と配役が合っている!見事です!
              そして、小説に忠実に映像化されており、
              映画のワンシーン、ワンシーンが蘇ってくるようだ。
              しかし、小説の方が細かい心理描写が出来るので、
              映画より涙が溢れ出る。

              後半からはずっと涙目で本を読んでおり、
              通勤の際に(大半通勤の電車で読んでいる)周りからは変なオッサンと
              勘違いされたのは間違いない。

              この小説に限り、映画を見てから 本を読んだ方が
              より感動するだろう!

              アウトドアのブログに参加してます。

              | 小説・本 | 09:51 | - | - |
              重力ピエロ
              0


                ★★☆☆☆
                伊坂幸太郎

                う〜ん、何故この本がピックアップされて映画になったのか?
                少し疑問に思う。
                コンプレックスを持ちながら成長する主人公
                確かに最後には心に響くようなセリフはあったが、
                別に映画にまでしなくても…。
                2時間ドラマでも良かったような気がする。

                物語は淡々と進んでいく。盛り上がりらしいシーンは前半には無い。
                しかし、読んでいくといつの間にか終盤になっている。
                これっていい作品だったのか?

                タイトルの付け方も…ワタシ的には…
                映画になるといいのかなぁ〜?

                アウトドアのブログに参加してます。


                | 小説・本 | 10:07 | - | - |
                向日葵の咲かない夏
                0

                  ★★☆☆☆
                  道尾秀介

                  このミステリーがすごい!2009年度
                  作家別投票第1位の作品だ
                  確かに面白い!
                  でも何故 評価が低いと言うと題材がキライなのである。
                  よって星2つ!


                  しかし面白い!読み応えある小説だ。
                  なんだかとっても怖い…実際に狂っているのは主人公なのか?
                  周りの人達なのか?
                  今読んでいる自分の世界ははたして正常なのか?
                  3/4読んでこれは映像には出来ないと判断。
                  小説という文字のトリックで後半
                  「えっ?妹って、、そうなの??」と…!
                  この辺から誰が正常で誰が異常なのか分からなくなる。
                  天才なのか奇才なのか??
                  ラストも一応全ての謎が解明されるが…、
                  これってパッピーエンド??

                  アウトドアのブログに参加してます。


                  | 小説・本 | 09:56 | - | - |
                  悪魔の観覧車
                  0

                    ★★★★☆
                    木下半太
                    専務から借りた本!なんでも友人の友人?
                    が書いてるとか、面白かったよ!

                    …というより良くできたストーリーだった。
                    個別のストーリーが描かれていると思いきや、
                    最後に全てがつながっている。
                    主人公は明るく振る舞っているが、
                    それはとても悲しい復習劇だった。

                    サクッと読める一冊です!

                    映像にするなら…
                    主人公の大二郎(本のイメージとは違うが…)脇 知弘
                    ニーナ役に伊東美咲
                    朝子役にはるな愛(殺し屋という設定)
                    銀爺役に六平直政 …という配役だ!



                    アウトドアのブログに参加してます。


                    | 小説・本 | 21:28 | - | - |
                    神々の山嶺
                    0


                      ★★★★★
                      夢枕 獏

                      面白い!1997年に書かれた12年前の作品だが、
                      面白い!!内容は登山家の話だが、私自身登山なんて興味もないし
                      山に行ったとしてもピクニック程度、でもそんな無関係の人にも
                      面白く、ワクワクさせ、手に汗握らせる内容なのだ!
                      物語は主人公がネパールで見つけた1台のカメラから物語が始まる…
                      それがジョージマロリーにまつわる話しだ!

                      ??ジョージマロリー?って誰?調べてみると実在の人だった。
                      「何故山に登るのか?」という問いに「そこに(山が)あるからだ」
                      と答えた人だ!名前こそ知らなかったが、
                      誰もが知っているエピソードだ。



                      上下巻合わせて1000ページにもなる大作だが、読み出すと止まらない
                      山に魅せられた男達の情熱を描き、
                      そして最後に清々しい達成感を味わう…
                      ホントに面白い!是非、世の男性諸君に読んで頂きたい小説だ!

                      映像にするなら深町役に石黒 賢、羽生役に井原 剛士
                      瀬川加代子役に竹内 結子、岸涼子役に相武 紗季だ!



                      アウトドアのブログに参加してます。

                      | 小説・本 | 12:03 | - | - |
                      | 1/2PAGES | >>